相対性理論

 相対論の入門書と、
相対論に関係のありそうな本を
並べてみました。


書店入り口へ


入門レベル
相対性理論
相対性理論
アインシュタイン 著
 1905年のアインシュタインの特殊相対論の論文をそのまま訳したものです。 何と言ってもこれが原点。 初期の思想が良く分かるというものです。 分かり易いかどうかは別として・・・。
相対論の正しい間違え方
相対論の正しい間違え方
松田 卓也、木下 篤哉 著
 相対論についてのよくある間違いを解説してくれている本。 レベルの低い間違いから、高度な間違いまで多数集められていて役に立ちます。



初級レベル
時空と重力
時空と重力
藤井 保憲 著
 私が初学者にお勧めするのはいつもこの本です。 複雑な議論はしないで、一般相対論まで真っ直ぐに説明してくれています。
相対性理論30講 (物理学30講シリーズ)
相対性理論30講
戸田 盛和 著



中級レベル
相対性理論
相対性理論
内山 龍雄 著
 これで分からなければ相対論を理解するのは諦めろ、という煽り文句の前書きが有名な教科書です。 もちろんそんなに簡単なわけではないですが、教科書の中では分かりやすい方。
相対性理論 (岩波基礎物理シリーズ (9))
相対性理論 (岩波基礎物理シリーズ (9))
佐藤 勝彦 著
 多くの人が標準的だと認める教科書。



上級レベル
超重力理論入門
超重力理論入門
藤井 保憲 著


書店入口へ