偏微分方程式



[
前の記事へ]  [物理数学の目次へ]  [次の記事へ]


 未知関数の変数が増えたものが偏微分方程式。
多変数関数の微分には偏微分を使う。
だから偏微分方程式と呼ばれている。

 これだけのことで、なかなか複雑なことになる。