EMANの量子力学

波動関数っていうのは、難しく考えなくても、
ただのド・ブロイ波(物質波)だ。

TOPへ戻る



第1部「ミクロの世界の謎」

光は波なのに粒々だった!?
なぜ量子力学が必要か
ド・ブロイ波
シュレーディンガー方程式
波動関数の規格化
期待値
不確定性原理
3 次元の波動
粒子性の正体
確率流密度
時間に依存しない方程式
調和振動子
原子の構造
シュレーディンガーの猫
ウィグナーの友人
多世界解釈

第2部「行列形式をマスターしよう」

完全規格直交系
ブラ・ケット記法
ユニタリ変換
座標表示
運動量表示
演算子は行列だ
ここまでのまとめ
摂動論
摂動論U(縮退がある場合)
遷移確率

第3部「角運動量とスピン」

角運動量の演算子
量子数の意味
角運動量の行列表現
スピンとは何か
スピンの振る舞い
スピノル(イメージ重視)
スピノルU(形式重視)
ブロッホ球
ベルの不等式
CHSH不等式
ベルの論文の不等式
合成則

第4部「相対論的量子力学」

クライン・ゴルドン方程式
ディラック方程式
パウリ表現
4 成分の意味
4 成分の意味(続き)
負の確率密度の解決
ディラックの海
g 因子が 2 となる理屈
非相対論的にスピンを導く

第5部「多粒子系」

ボソンとフェルミオン
生成演算子と消滅演算子
反交換関係

第6部「解析力学を使ってまとめる」

ハイゼンベルク描像
時間発展演算子
相互作用描像
正準量子化

補習の部屋

ヒルベルト空間
直交規格化のやり方
固有ベクトルと固有値
エルミート演算子
不確定性原理を求める
レビ・チビタの記号
馬鹿な男の話(変更予定あり)